简体中文
English
  - ホーム - トルコの魅力 - 現地発着ツアー - 手配・サービス - フォトギャラリー - リンク集 - 会社案内 - お問い合わせ -
CONTENTS
黄金の林檎の国トルコとは
トルコの旅
トルコ料理
お茶の時間
イスタンブールの楽しみ方
トルコ関連書籍コナー
トラベルインフォメーション

ホテル
レストラン
移動手段・各種チケット
ガイド
お願い!
  弊社Webサイト内に掲載されている写真・画像・文章等の著作権は原著作権者が有しています。
  当Webサイト上の画像等の切り取り、ダウンロード等をして無断使用する行為は、権利者の侵害であり法律違反になります。
  弊社では全ての画像と情報の使用権を許諾することは基本的にお断りしています。
  黄金の林檎の国トルコとは

 

 

黄金の林檎-KIZIL ELMA-の国トルコとは

 

 

 

トルコ共和国はアナトリア半島から東ヨーロッパの端に位置しています。

トルコ人は10世紀頃から中央アジアを経由しながら民族移動を行い中で様々な

王朝が建てました。それによりトルコは多様な民族、言語、宗教、文化が吸収された

非常に奥深く興味深い国です。

中部アナトリアでは高原地帯の中に豊かな自然が広がる。紀元前18世紀頃築かれた

ヒッタイト古王国の都ハットゥシャシュの遺跡。ヒッタイト時代から貿易ルートとして

栄えたカッパドキアでは大奇岩地帯の壮大な景色が広がります。そこには4世紀頃から

住み始めたキリスト教徒が残した地下都市、教会などが数多くあります。

ルーム・セルジュック朝時代の首都だったコンヤではイスラムの文化において芸術

学問が繁栄しその面影が現在でも強く残り、ジャーミー、神学校ではその美しく

繊細なイスラム美術の傑作品の痕跡をたどる事が出来きます。南東・東アナトリア地方では

ネムル-ト山の山頂にそびえ立つ巨大な神像(紀元前1世紀コンマゲネ王国の遺跡)

旧約聖書預言者アブラハムゆかりの場所やノアの箱舟が漂着したと言い伝えられている

アララット山、トルコでもっとも大きいといわれている湖ワン湖に浮かぶアフトマル島には

915年頃建てられたアルメニア教会がそびえ立ち、非常に神秘的な光景が広がる土地です。

一方、エーゲ海、地中海地方では青い海、白い砂浜、オリーブ畑が広がりトロイ、エフェス

ベルガモン、レトゥーン、アスペンドスなど他多数のギリシャやローマの古代遺跡が至る所に

残されています。

東西文明の接点とも言われるイスタンブルは紀元前7世紀頃ギリシャ都市国家ビザンティオンに

始まり、ローマ帝国時代、東ローマ帝国時代をへて1453年にオスマン帝国の首都になりました。

その為イスタンブルにはローマ時代からオスマン帝国に至る様々な文化の痕跡・遺跡が

残されています。

現在は高層ビルが立ち並び近代的な一面も見られますが、長い月日の中で築かれた

歴史都市イスタンブルは人々を永遠の虜にする活気と魅力で満ち溢れています。

 

 

 

 

             

 

 

 

 
Copyright © 2008-2009 ERGUVAN TOURISM
 TEL:(03)-3360-0181 FAX: (03)-3360-0182
Created By:KaiWind Studio