简体中文
English
  - ホーム - トルコの魅力 - 現地発着ツアー - 手配・サービス - フォトギャラリー - リンク集 - 会社案内 - お問い合わせ -
CONTENTS
黄金の林檎の国トルコとは
トルコの旅
トルコ料理
お茶の時間
イスタンブールの楽しみ方
トルコ関連書籍コナー
トラベルインフォメーション

ホテル
レストラン
移動手段・各種チケット
ガイド
お願い!
  弊社Webサイト内に掲載されている写真・画像・文章等の著作権は原著作権者が有しています。
  当Webサイト上の画像等の切り取り、ダウンロード等をして無断使用する行為は、権利者の侵害であり法律違反になります。
  弊社では全ての画像と情報の使用権を許諾することは基本的にお断りしています。
  トラベルインフォメーション

 

 

【正式国名】 トルコ共和国 (TURKIYE CUMHURIYETI

     

                                   

 

【国家】   独立行進国(イスティクラルマ-ルシュ)

 

【面積】   814758

 

【人口】   7041万人

 

【首都】    アンカラ(人口340万人)

 

【通貨】    TLトルコリラ/KURクルシュ

           100クルシュ=1トルコリラ)

 

紙幣  200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL

     硬貨  1TL50KR25KR10KR5KR1KR

          (* 200911日より新しい通貨が発行されました。)

旧式の新トルコリラ(イェニ トルコ リラ)20091231日まで

利用可能。201011日以降は利用不可能となります。

 

【時差】

 

日本とトルコの時差は夏時間で6時間、冬時間で7時間となります。

夏時間はおよそ3月の第4土曜日AM00:00から10月第4土曜日AM00:00までになります。

冬時間は10月第4土曜日AM00:00から3月第4土曜日AM00:00までになります。

 

 

【言語】

 

公用語:トルコ語

イスタンブル・アンカラ・イズミルのような大きい都市になりますと英語はだいたい通じますので

旅の際には問題はないと思います。また地方でも観光地であれば英語など通じますので大丈夫です。

トルコは昔から異文化が混じり合っているという事もあり特にイスタンブルは様々な人種・言語・宗教

の文化に触れあう事、感じる事ができます。学校などでも積極的に

他言語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)

を取り入れた教育などに力を入れています。トルコ語という言語はアルタイ語に属しています。

 

【宗教】 イスラム教です。イスラム以外の信仰の自由も保証されています。

 

【祝祭日】 11日(新年)

  4月23日(独立記念日、子供の日)

  5月19日(アタトゥルク記念日、青少年とスポーツの日)

  8月30日(勝利の日・1922年侵攻群敗走の日)

  10月29日(共和国の日トルコ共和国宣言記念日)

   (日付け移動)砂糖祭(Seker Bayrami)、犠牲祭(Kurban Bayrami)

 

【電源】   220V 周波数50HZ (日本から電化製品利用の際は変圧器が必要となります。)

 

【国際電話番号】 90

 

 

【気候】

 

イスタンブルの気候は早いと3月後半から6月は春らしくさわやかで穏やかな季節になります。

7月頃から9月までは本格的に暑い夏になりますが、比較的夜になると海の

風が涼しい為、過ごしやすいです。ただし最近は以前より夜でも蒸し暑く熱帯夜の時も見られます。

夜海風にあたる場所に行かれる場合はカーディガンなど持参する事をお勧めいたします。

ただし、イスタンブルの冬は曇り空で雨が多いです。

まれに雪も降りますが積もる事はあまりありません。エーゲ海・地中海・マルマラ海沿岸

夏は暑く冬は温暖で比較的過ごしやすいです。黒海沿岸は比較的気候は

エーゲ海・地中海・マルマラ海沿岸の気候に似ていますが降雨量が多くなります。

中部アナトリアの夏は熱く乾燥しています。日中の気温と夜の気温の差が激しいので夜の

外出は必ず上着を持参される事をお勧めいたします。冬は気温も下がり厳しい寒さも増します。

東部アナトリアの夏は比較的過ごしやすい気候ですが冬の寒さは厳しく降雪もあります。

南東部アナトリアの夏は暑く冬は温暖で雨が多くなります。

 

【世界遺産リスト】

 

1 . イスタンブル歴史地域  文化遺産 / 1985 /  

 

2 . ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群  複合遺産 / 1985 / 

 

3 . ディヴリーイの大モスクと病院  文化遺産 / 1985 / 

 

4 . ハットゥシャ :ヒッタイトの首都  文化遺産 / 1986 /

 

5 . ネムルット・ダー  文化遺産 / 1987 /

 

6 . クサントス-レトーン  文化遺産 / 1988 /   

 

7 . ヒエラポリス-パムッカレ  複合遺産 / 1988 /  

 

8 . サフランボル市街  文化遺産 / 1994 / 

 

9 . トロイの古代遺跡  文化遺産 / 1998 / 

 

 

【外貨】 

 

一般的にEURO,USドルを日本から持って行けば大丈夫です。

日本円の両替もほぼ可能です。(ただし地方は除く)

イスタンブルなら為替取り引き所(DOVIZ)が至る所にあります。

グランドバザール内にも安心して変えられる場所があります。

イスタンブル-アタトゥルク国際航空は遅い時間まで銀行の取引所が開いています。

(*アンカラ、その他地方になりますと遅くまで開いていない場合があります。)

*注 ホテルでの両替は少し高めですのでご注意ください。

    

【トイレ】

 

ウォシュレットなどの設備が整っている日本の水準で考えてしまうと

多少不憫に考えてしまいがちですが、トイレには清掃人が常にいる状態で

基本的に清潔な場所が多いです。ただし紙は常にあるとは限りませんので必ずポケットティシュなどを

持参する事をお勧めいたします。(特に地方に関してはお気を付けください。)

ジャーミ-、博物館、ドライブイン、グランドバザールなど有料のトイレが多いです。

料金は0,5~1YTLになります。場所によっては最後コロンを手に差し出してくれます。

所があります。

 

【チップ】

 

海外に旅行に行くとチップという事が必ず頭をよぎります。

チップは義務ではありませんがほんのばかりの気持ちです。

特にタクシー、トイレ、ホテル(ルームサービス、ベルボーイ)、レストランでは心地の

いいサ-ビスを受けた時はほんの少しでも渡すのをお勧めいたします。ホテル

参考:ルームサービス(中級1ドル~2ドル、高級35ドル)

 
Copyright © 2008-2009 ERGUVAN TOURISM
 TEL:(03)-3360-0181 FAX: (03)-3360-0182
Created By:KaiWind Studio